このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2013年2月3日日曜日

Re: パロキセチン・パキシル について

投稿者:ありす さん
投稿日時:05/02/28-16:28

パキシルは極量の40mgをいまだに飲んでいます。メイラックス1mgと併用です。
夕食後に飲むよう指示されているので、深夜に服用することが多く、日中眠気に悩まされることはありません。
うっかり飲み忘れたときが1度あり、そのときは就業中、焦燥感と不安で頭が一杯で、仕事も言動もおかしかったのが自分でもわかりました。
上司の何気ない、本当にちょっとした一言に過剰に反応して、見かねた同僚が会議室に連れ出してくれたほどです。上司の何気ない一言が私のことを全くの無能で給料泥棒で、存在する価値自体完璧にない、と非難されているようになぜか感じてしまい、うまく対応できなかったものです。
以来、夕食後のパキシルは必ず服用しています。まだ「認知の歪み」は治っていないものの、パキシルの服用のおかげで何とか常識を保っている(であろう)状態です。

0 件のコメント: