このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2013年2月16日土曜日

Re: エチゾラム・デパス について

投稿者:ありす さん
投稿日時:05/07/12-17:10

感情の日内変動が激しくなって、朝は全く動けず、夕方以降になるとやたら元気になり(傍からみれば夜行性状態)、週末は1日中寝込んでいるという症状が1ヶ月以上続きました。
このままでは日常生活に支障をきたすので主治医に相談したところ、頓服で飲んでいたデパスを朝昼に服用するように指示されました。
頭の芯がぼーっとしますが、なんとなく体が勝手に動いて、思考を伴わないルーチンワークならこなせる程度には復活しました。
デパスという名前は「鬱をパスする」という意味だと聞きましたが、併用しているパキシルとは別の服用感があります。
ある種の「乖離感」というか、本当の自分は別のところに居て、遠くから見ているような不思議な感覚をしばしば味わっています。

0 件のコメント: