このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2013年7月15日月曜日

アモキサン

新しい投稿がありました

薬品名:アモキサン
投稿者:白玉 さん
性別:female
年齢:28
官能的評価内容:25mg(だったかな?)+パキシル10mg服用。服用してちょっとしたら(1,2日後かな?)激しく躁転し、幻聴、幻視が出現し入院。それからは違う薬を飲んでいたのですが入院先の医師の処方があまり上手ではなかったのか、アモキサンを辞めて1か月か2カ月経つのに躁状態が続きしんどかったです。幻聴の内容は違いおじさんの声で「おじゃましま〜す」とか意味のない内容ばかり聞こえた。幻視はいるはずのないモノ(ありえない所から人が手を振ってくるのが見えたり、白い人影が急に現れたり)が見えて非常に怖かった。
類似薬物との効き方の違い:現在はデプロメールを100mg服用。(こちらの薬も150mg飲むと躁転するが100mgだとニュートラル)アモキサンは他の薬と比べ、躁転しやすいとネットで精神科医が書いてたのを見ましたがその通りです。効果の出現が早いのも確かです。
送信時間:2013/07/15 (Mon) 10:11