このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2013年2月12日火曜日

Re: メチルフェニデート・リタリン について

投稿者:たけし さん
投稿日時:05/06/21-13:49

うつ状態で家に引きこもり、無気力・虚無感におそわれているときに服用したら、約一時間後に効果が出てきた。
本を読む集中力や、楽器を練習する気力、根気が出てきてエネルギーに満ち溢れた状態になった。
希死念慮や抑うつ状態は、完全になくなった。
3時間後くらいから効果が薄れてきてやがて虚脱感におそわれた。

また、スニッフ(薬を粉状態にして鼻から吸うこと)をしたらより効果があると某書籍に書いてあったので試してみた。
効果は経口投与より少し強力になった気がしたが、効果の持続する期間は短くなった。
そして、体が少し熱くなる。ほてってくるという表現がぴったりだ。
スニッフの量を多くすると、顔が真っ赤になる。酒を飲んで酔っ払った人の顔が赤くなるように。

鼻から粉を吸っても、粉が鼻から喉に通り吸収されていく感じなので経口投与でもスニッフでも基本的に変わりはないと思う。

なお、副作用として非常にのどが渇く。私はリタリンを服用するときには、近くにペットボトルを置いてお茶を適時飲む。

0 件のコメント: