このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2013年2月3日日曜日

Re: パロキセチン・パキシル について

投稿者:h.n さん
投稿日時:05/02/28-01:48

はじめて書き込みします。29歳、女性です。

<現在服用している精神科の薬>
パキシル、デプロメール、レンドルミン(これは眠れない時だけ飲みます)。

まず、今の薬を飲むようになった経過を書かせてください。

21歳から22歳の、その一年の間に、転職、引越し、親しい人との別れ、交通事故、大失恋、病気(胃潰瘍になった)など、これでもかというほどいろんなことがあり、それが原因かはわからないけど、体調を崩すことが多くなった。
立っていられないほどの激しいめまい、頭痛、ふらつきなどがあり、出先で倒れることも。
内科、耳鼻科などでいろんな検査を受けたが、どこにも異常がないと言われ、自律神経失調症と診断されて これ以上検査を受けても意味が
ないなと思って病院には行かなくなった。特に薬はもらわなかったと思います。(あまり覚えてない。)
体に異常はないという診断だったので仕事を続けていたけれど、ある日強いめまいがして倒れた。
その後、甲状腺がんがみつかり、入院・手術のため仕事をやめるなど大きく環境が変わったこともあって、ガタガタと心のバランスを崩してしまったみたい。
退院後は自宅療養。体がしんどいというより何もする気が起こらなくて一日中自室に閉じこもっていた。起き上がると強いめまいがするので、雨戸をしめた暗い部屋でずっと寝ていた。
朝方は特にひどく、死にたくなったり、新聞を読んでいても頭に入ってこない。何を見ても何も感じない。それまで好きだった音楽や映画にも何も感じなくなり一切見聞きしなくなった。
かと思えば、涙が出て止まらない、急にとてつもなく不安になり所構わず泣きじゃくる、暴れる・・・。
家族に「気分転換に」と外出を勧められて、一緒に出かけたけれど、とにかく人の目が怖くて、手足はガタガタ震えるし、冷や汗が出る、まぶたがピクピクする・・・人と目を合わせるのが怖くて、サングラスやマスクをして出かけたりしていた。
些細なことで心が動揺して泣いたり怒ったり・・・そんな自分にとても疲れていたし、自分が自分でないような感じがしました。
家族に連れられて精神科に行き、最初にもらった薬は、トレドミンと、あともういくつか・・・ほかの薬の名前は忘れました。
それでもあまり変わらなかった。担当の先生が変わって、テグレトールを処方されました。自分に合ってたのかこの薬を飲んでるとまぶたのぴくぴくとか気分の浮き沈みとかがわりと落ち着いていました。
長くなってごめんなさい、やっと本題のパキシルです。
診察のたびに先生に「苦しい。死にたい。」って言ってたら、先生がパキシルを飲んでみないかと・・・それで飲むようになりました。
効いてるんだと思います・・・特に朝、死にたい気分になって苦しくてたまらなかったけど、気づいたらそんなことも思わなくなっていました。
それまでは、花を見ても「ああ、花か。」みたいな感じだったのが、今は、「お花、きれいだなぁ」「かわいいなぁ」と感じる自分がいるのです。
暴れたり、感情の抑制がきかなくなって所構わず泣いたりしていたのが、すっかり落ち着いて、ふつうに外出もできるようになったし、ほんとにすごい変わりようです。それに!めまいもしなくなりました。
ただ、うっかり飲み忘れたとき!耳鳴り、頭痛、ふらつきがひどいです。シャンシャン音がします。減薬したいのですが、減らすと耳鳴りがするので、そこが不安なところではあります。
最後にもうひとつ・・・パキシルのせいかはわからないけど、太りました(泣)。うつ病のお薬で太ったりやせたりってやっぱりあるんでしょうか?

最後まで長文を読んでいただきありがとうございました。何かの参考になればと思い書いてみましたがどうでしょうか・・・?

0 件のコメント: