このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2013年2月5日火曜日

Re: ミルナシプラン・トレドミン について

投稿者:たかぴょん さん
投稿日時:05/03/21-22:10

トレドミンは鬱と診断されてから25_をはじめは2×、今は3×で飲んでいます。
はじめはリーゼと一緒に服用していました。医師から「慣れるまでは吐き気がしたり眠くなったりするけれど、慣れてくれば楽になるから」と言われ、1ヶ月ぐらいは吐き気と眠気と戦いながら“これで気持ちが楽になるなら”と服用を続けました。
1ヶ月ほどしてからは副作用も感じなくなり、自分でも調子がいいなと思えるようになりました。
しかし、去年の新潟中越震災を体験し、今まで家庭よりも職場にいるほうが自分らしさを保ってこれたのに、地震への恐怖から職場すら怖くなり、医師にそう話したらリーゼからソラナックス0,4_に変更になりました。正直、マイナートランキライザーへの変更はショックでした。
でも副作用もなく、たまに落ち込んで消えたいと思うこともありますが、とにかく医師が話をよく聞いてくれるので、薬の効果もさることながら医師の人柄に救われてる感じです。家族(嫁ぎ先)は私の病気に関してまったく理解を示しませんが、実の兄や職場の仲間・先輩には理解してもらえてるので、助かってます。やはりこういう病気は薬だけで改善できないものなのかなと感じています。

0 件のコメント: