このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2013年2月3日日曜日

Re 2: パロキセチン・パキシル について

投稿者:やまねこ さん
投稿日時:05/02/28-14:25

http://dr-kumaki.blogspot.jp/2011/05/blog-post_169.html へのレスです。

こねこさん。アメリカ云々、の話は恐らくパキシル(パロキセチン)ではなくて、プロザック(フロキセチン)です。
鬱の患者さんだけでなく、一般の人も飲むようになったほどで、社会問題化しました。
日本では販売されていません。
パキシルはアメリカでも日本でもよく使われています。どちらも正しく使えば、良い薬だと思います。

0 件のコメント: