このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2011年9月9日金曜日

アモキサン

新しい投稿がありました
薬品名:アモキサン
投稿者:マグカップ さん
性別:male
年齢:33
官能的評価内容:
うつ病で通っていた精神科で「意欲と食欲」を出すために、25mgカプセルを1日3回、やがて4回処方された。
食欲については服用後2時間で非常に強い食欲を感じた。
しかし服用から1ヶ月後にはあまり効果を感じられなくなっていった。
強い興奮作用があるのか、服用後は苦しい感じ、何か無理矢理エネルギーを身体の中から引き出されるような感覚があり、そこに強い疲労を感じる。
期待していた意欲は出ず、むしろこの興奮と戦うためにエネルギーが消費されるような有様であった。
副作用としては25mg4錠になってからは夜間にアカシジアが出現、これは大変不愉快であった(リボトリールで緩和された)。
また便秘が生じ、下剤として酸化マグネシウムが処方された。
またこの薬と関連があるのか分からないが、服用後から体臭が強くなった。
同時に鼻炎が良くなり、ずっと垂れていた鼻水が出なくなった。
幼少時から悩んでいた鼻炎が良くなったのは思わぬ拾い物であったが、それ以外の点では苦しい事が多く、残念ながら自分にマッチした薬では無かったようである。

類似薬物との効き方の違い:
送信時間:2011/09/09 (Fri) 15:17

リボトリール

新しい投稿がありました
薬品名:リボトリール
投稿者:マグカップ さん
性別:male
年齢:33
官能的評価内容:
一言で言えば「心が慰められる」薬。

2010年10月ごろ、うつ病で精神科に通院中、非常に強い癇癪を起こし主治医にその旨を伝えた所、メイラックス1mgを1日3回処方されたが、強い酒を飲んだような身体のふらつき、舌のもつれなどが出現したためリボトリール0.5mgを1日3回処方された。

服用すると20分くらいで身体が温かくなり、それまで強く頭の中を占めていて、他の薬ではどうにもならなかった焦りや不安、自殺への強い思い、惨めさや悲しさ、傷つきやすさが減っていくのが分かった(完全には消失しない)。

また少しだが意欲が出てくるような感じもあり、億劫でたまらなかった入浴や洗面、衣服の着替えなどが多少容易に出来るようになった。
更に通院のために外出するのも非常に苦痛であったが、これを服用してからは幾分楽に表に出られるようになった。

この頃はアモキサン25mgを1日4回処方されており、週に3回程度夜間にアカシジアが出現していたが、リボトリールを服用してから収まるようになった。

就寝前にレンドルミン0.25mg1錠を処方されているが、これを飲んでも寝付けないとき、リボトリール0.5mgを半錠追加すると眠れるようになる。

副作用は特に自覚したことがない。

今の自分にとっては「無くてはならない」命綱のような薬である。

類似薬物との効き方の違い:
メイラックスと違い、身体のふらつきや舌のもつれなどは出ない。またメイラックスで感じられなかった不安の緩和、意欲を出す等の効能がある。

思春期に服用していたホリゾンと比較すると、こちらの方が鎮静されすぎない感じがある。
また「どんどん飲みたくなる」という嗜癖性も感じられない。

送信時間:2011/09/09 (Fri) 14:56