このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2012年5月2日水曜日

アモキサン

新しい投稿がありました

薬品名:アモキサン
投稿者:いたいいたい さん
性別:female
年齢:49
官能的評価内容:繊維筋痛症の痛みに耐えかねて、絶望していたときに手元にあったアモキサンを飲んだら、かなり痛みに耐えられるようになりました。ガバペンも併用しています。でもアモキサンによって抑圧している怒りが噴出してくるのが、苦しいです。自己嫌悪で自殺したくなります。いろんなことに笑えるようになるのもいいのですが、薬でハイになっている自分も不快です。
類似薬物との効き方の違い:レキャ^ン?はあまり痛みどめにはなりませんでした。
送信時間:2012/05/02 (Wed) 23:26

2012年4月28日土曜日

リボトリール

新しい投稿がありました

薬品名:リボトリール
投稿者:みやこ さん
性別:female
年齢:39
官能的評価内容:リボトリールは0.5ミリグラムを1錠から3錠に増やしていきました。他にもデパケン、リーマス、漢方2剤を服用しておりますのでこれ単剤での効果かどうか怪しいところもあるかと思いますが、感じたままを書きたいと思います。 飲み始めは朝が起きれなかったり、感情がぼやけた感じがして少し嫌な感じがしましたが、就寝前に出された薬を先生に許可を得て、夕方飲むことにより改善しました。またぼやけた感じも、そのうち慣れたのか馴染んだ感じを受けました。 それまで私は怒りが強かったのですが、それは少し減った気がします。怒りが減ることにより、喜怒哀楽の怒以外の他の感情も前より感じられるようになり、最初に感じたぼやけた感じはなくなり、敏感になってきたようにも感じました。特に悲しみを感じることが増え少し不安定にもなりました。またこの薬が私の最後の頼みの綱かとの勝手な思い込みからくる焦りもあり不安定になった面もあります。 ただ怒りにそれまでは呑み込まれていましたが、少し減ることによりちょっと距離を置いて怒りを見れるようになったり、怒ることへの罪悪感も減り気分の落ち込みも少しは減りました。 ��効きはしていたと思いますが、それほどシャープに効きを感じることはできませんでした。
類似薬物との効き方の違い:
送信時間:2012/04/28 (Sat) 07:48

2012年4月23日月曜日

コントミン

新しい投稿がありました

薬品名:コントミン
投稿者:みやこさん さん
性別:female
年齢:39
官能的評価内容:コントミン糖衣錠12.5ミリグラムを、1回2錠までの一日4錠までで、イライラ時の頓服薬として出されています。 私の場合はイライラっとしてから飲んでも、2錠飲んでも手遅れでキレてしまったりしますので、イライラする前のザワザワする段階で蘭h的に飲むことが多いです。 あと緊張時、不安時に飲むと薬が効いてるのかどうかは分かりませんが、飲むことにより少し安心してラクになる気がします。そういう時はだいたい1錠です。 粒も小さく丸いし甘いので、水がなくてもぱくっといつでも飲めるので、便利でいつも携帯しています。
類似薬物との効き方の違い:
送信時間:2012/04/23 (Mon) 12:08

2012年3月30日金曜日

ジプレキサ

新しい投稿がありました

薬品名:ジプレキサ
投稿者:yasu さん
性別:male
年齢:38
官能的評価内容:ジプレキサを飲み始めて、すでに10年ほどになります。以前の病院で2.5mgを就寝前に2錠処方されていましたが今、通院している病院では就寝前に2.5mgを5錠処方されています。一時、最大量の20mgまで増量していただき、妄想、特に人の声などが気になる症状は治まりました。でも、それと引き換えに食欲が異常なほど増し、少しづつジプレキサを減量しています。現在は就寝前に12.5mgまで減りました。食欲もおさまり、気分も安定しています。まだ少し妄想のような症状がでますが、それは日中にのむPZCでなんとか、やり繰りをしています。ジプレキサは、食欲増進という副作用がありますが、適量を服用すれば、妄想もおさまり穏やかな気分になれます。
類似薬物との効き方の違い:
送信時間:2012/03/30 (Fri) 12:47

2012年3月24日土曜日

リボトリール

新しい投稿がありました

薬品名:リボトリール
投稿者:yasu さん
性別:male
年齢:38
官能的評価内容:リボトリールは、本来なら、てんかんの患者さんのための薬のようですが、私の場合は、抗不安剤として処方していただいています。0.5mg1錠から始め、現在は、朝食後に1.5mgを服用しています。アーテンやアキネトンを単剤で服用したときのような変な高揚感とは違う、穏やかで冷静な思考を保てる良い薬です。一日の始まりの辛さを、リボトリールは緩和してくれます。気分が沈んでしまっていても、その辛さや気分の落ち込みを底上げしてくれます。デパスのような、瞬間的な強さはないとしてもリボトリールは、穏やかに継続して私を支えてくれます。今まで服用した薬のなかで不安感については、リボトリールが一番効果があります。
類似薬物との効き方の違い:
送信時間:2012/03/24 (Sat) 23:00

コントミン

新しい投稿がありました

薬品名:コントミン
投稿者:yasu さん
性別:male
年齢:38
官能的評価内容:最初は12.5mg1錠を、頓服として使用し始めました。とにかく、他人の眼や声に敏感すぎるほど反応していました。現在は、少しづつ量を増やしていただき、睡眠前に25mgを8錠(200mg)を服用しています。ぐっすり眠ることができ、寝起きに、ふらつきもありません。朝、起きてからの絶望感も随分軽減されました。下手な眠剤を使用するより、コントミンのほうがよく眠ることができます。依存性もあまりないように感じ、使用し続けても耐性がついて効果がなくなるということもありません。3.11の大震災があり、もし自分が被災した当事者だとしたら、薬を服用できないという恐怖感を感じましたが、コントミンならば、あくまで個人的意見として、2、3日服用できなくなってしまっても、禁断症状は出ない安全な薬だと思います。
類似薬物との効き方の違い:類似薬物ではありませんが、異常な興奮感や意気消沈して眠れない時に、レンドルミンという睡眠薬を処方していただきました。レンドルミンはたとえ少量であっても、確実に翌朝に効き目が残り眠気が酷いです。コントミンで眠れるようになる量まで根気よく少しづつ増やしてゆき、レンドルミン等の眠剤は最終兵器として使用するほうが良いと思います。
送信時間:2012/03/24 (Sat) 22:48

2012年2月11日土曜日

デパケン

新しい投稿がありました

薬品名:デパケン
投稿者:さくら さん
性別:female
年齢:38
官能的評価内容:双極性障害で、デパケン100mgを5錠服用しています。繰状態になった時に、100mgから少しずつ増量していき現在500mg服用しています。少し大きめの錠剤ですが、丸みがあり、楓ハがつるんとした感じのお薬なので服用しやすいです。繰状態になっている時に、歯止めが利くという感じです。眠気はほとんど感じていません。
類似薬物との効き方の違い:リーマスを600mg服用していたときに比べると、歯止めが利いている感じがします。そして、私の場合は書痙で震えていたのもあるけれども現在手の震えがなくなりました。日記をつける時も文字がなめらかに書けます。現在は、デパケン500mg&リーマス100mgです。安定しています。自分らしく生活できています。
送信時間:2012/02/11 (Sat) 23:57

リスパダール

新しい投稿がありました

薬品名:リスパダール
投稿者:さくら さん
性別:female
年齢:38
官能的評価内容:リスパダール内用液1mg/1mLは、とても苦いお薬です。服用してすぐに強い眠気を感じ動くことができなくなりました。二時間ぐらい眠ってしまいました。過呼吸を伴うような状態の時は即効性があり助かりました。しかし、誰かがそばにいない時に服用すると困ることがありました。私には娘がおりますので、食事の準備、習い事の送迎はできなくなり困ってしまいました。誰か親しい友人や理解のある両親などが近くに住んでいる場合は助けてもらえるので良いと思いますが、いない場合は服用する前にベビーシッターさんなどにお願いしておいた方が良いと思いました。私の娘は、小学三年生になりましたので冷凍食品をレンジで温めて一人で食べることや合鍵を持たせることで対処できますが、小さい子供がいる場合は、ベビーシッターさんを探しておいた方が良いと思います。
類似薬物との効き方の違い:コントミン12.5mgは、そわそわ、イライラなど少し落ち着かない時などに服用すると緩やかに落ち着いてくるという感じでした。眠気もほとんど感じませんでした。リスパダール内溶液1mg/1mLは、即効性はあると思いますが、かなり強い眠気が伴い私の場合は、しばらく動けなくなりました。 
送信時間:2012/02/11 (Sat) 20:58