このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2013年2月12日火曜日

Re^2: カルバマゼピン・テグレトール、テレスミン について

投稿者:まま さん
投稿日時:05/06/25-01:33

> 薬効。使用感。他剤との使い分け。など、ご自由にご発言ください。

子供が部分てんかんで(小5)テグレトールを飲み始めてから、2年9ヵ月になります。
発作は、全然でなくなりました。が、ここ3ヶ月ぐらい前から、異常なほど、イライラしたり、無気力になったりします。
精神科に行くと、『シーソー現象』といって、発作が出なくなると、薬の副作用が強くなると言われました。
でも、今日、小児科の主治医に聞いたら、そんなことはないと言われました。
いったい、どっちが本当ですか?
誰か教えてくださいませ。

1 件のコメント:

テヘペロまころん さんのコメント...

私もテグレトールを処方されておりますが、イラつきと無気力が当てはまります!私はADHDとPTSDそして統合失調症の疑いという診断ですので、他の薬の副作用やADHDによる感情のコントロールがきかない状態かもしれませんが…テグレトールを服薬する前には無気力は発現しなかったのでテグレトールの副作用がうたがわしいかと考えます。