このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2013年2月12日火曜日

Re: カルバマゼピン・テグレトール、テレスミン について

投稿者:myaru さん
投稿日時:05/04/25-22:40

> 薬効。使用感。他剤との使い分け。など、ご自由にご発言ください。

3年ほど前に、信頼し、愛していた男性に殺されようとしていたことを知ってから、日常生活に様々な困難が生じています。

そういった理由で、今回、ようやく病院に行くことができたので、そのことがあった直後に受診した先生にかかりました。
その結果、テグレトール錠100mgを1日1回寝る前で、処方されました。
他にはジプレキサ錠2.5mgが一緒です。

ところがテグレトール錠というのは、てんかんの薬だと薬局からの説明書にありました。
私はてんかんではないですし、てんかんの検査も今回しませんでした。
どうしてなのかわかりません。
この先生は信じられると思っていたのですが、やはり、この医者も、私が死ねばいいと思って、私を殺そうとしているのでしょうか。
私を殺すことに失敗して、すさまじい悔しがり方をしたあの男が関わっているのでしょうか。
思い出したくないことがあふれかえって、自分をコントロールできなくなります。
いっそ、私が先に皆殺しを決行したらいいのでしょうか。

怖くて薬が飲めません。悲しくて、悔しいです。

0 件のコメント: