このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2013年2月3日日曜日

Re: パロキセチン・パキシル について

投稿者:isoko さん
投稿日時:05/03/03-01:11

強迫神経症患者です。(鬱傾向もあります)

現在、パキシルは朝食後10mg、就寝前30mg服用しています。
以前は、朝食後・夕食後・就寝前と各10mgずつ飲んでいたのですが、一日中ボーッとした感じがしていて、(強迫症状を抑えるのには、多少ボーッとしている方がいいのでしょうが)仕事にならなかったことと、「睡眠が浅くて困る」と主治医に訴えると、今の配分になりました。
結果としては、ボーッとした感じがなくなり、また、睡眠も多少「寝た!」という実感も持てる様になりました。

ただ、副作用かどうか、「物覚え」が悪くなりました(「物忘れがひどくなった」というべきかどうか?)。以前は、人の名前とか覚えるのが得意だったのに、今は「顔は分かるけど、名前が出てこない!」時が多いです。(人と接する仕事なので、困ってます)

ただ、精神的に自分を多少コントロール出来る様になったことと、鬱状態のひどかった時期を知っている人から「良くなった」と言われることで、パキシルの効用があったようにも思います。
(相変わらず、他人の言動に左右されるところは、治ってませんが・・・。)落ち込みはしますが、回復力がついたとでも言うのでしょうか?激しく落ち込むことが減りました。

0 件のコメント: