このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2011年2月20日日曜日

パキシル

新しい投稿がありました
薬品名:パキシル
投稿者:ぶにゃんこ さん
性別:male
年齢:46
官能的評価内容:最初は20mgだったのですが、ほかの眠剤と酒とのみあわせが悪く寝室のドアが殴った後でぼこぼこです、しかも本人覚えてません(爆)記念にそのままにしています。その後転院し40mgまでいきましたが、メイラックス、フルニトラゼパムを併用しています。その後酒を止められましたので今は、30mgまで減らしてもらえました。一応離脱症状(めまい、ふらつき)を出さないように完全減訳する方針で進んでいます。
類似薬物との効き方の違い:ほかの薬は飲んでいないのでわかりません
送信時間:2011/02/20 (Sun) 22:57

2011年2月10日木曜日

リーゼ

新しい投稿がありました
薬品名:リーゼ
投稿者:みゃう さん
性別:male
年齢:25
官能的評価内容:自分の脳の浮いている部分をやさしくくるんでくれる感じ。効くときは心理的に非常に楽になる。集中力が増す。やる気が出る。効かないときもある。
類似薬物との効き方の違い:飲んだことはない。効かない時でも我慢することが多い。
送信時間:2011/02/10 (Thu) 02:30