このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2011年5月5日木曜日

トレドミン について。

投稿者:By Pump さん
投稿日時:05/01/31-02:23

もう、トレドミンを飲んでどれくらいになるか?覚えていません。
この頃、離人感、子供返り(字があっているのか?)、もしかして、乖離もあったかもです。
私の場合、親から逃げるまで、虐待があったので、鬱とは違うのですが。。。

最初にお医者様を変えた時から、25_を徐々に上げて、1日6Tまで上がりました。
それでも、布団から出れない日が長く続きましたが、TVが見ていられるようになり、子供返りがなくなり、離人感も消え、乖離もフラッシュバックの時に真っ白になる事も乖離と言うなら、その時だけになってきました。

しかし、面白い事に、6Tが多く感じられるようになると、話しが止まらないほど、話したくなります。
家族に迷惑をかけるほどです。
そうして、1Tずつ減らし、今は1日2Tになりました。

今は、現状を把握でき、生活のための知恵を使えるほどになっています。
病気で疲れますが、ネットの中で社会復帰し、仕事が出来るようになっています。

とにかく、ありがたい事は、その前まで使っていたトリプタノールのように、飲んで鬱っぽうのは消えるのに、1日中眠く何も手に付かない状態に陥らない事が、感謝です。

0 件のコメント: