このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2011年5月5日木曜日

パロキセチン・パキシル について。


投稿者:こねこ さん
投稿日時:05/02/13-11:48

40年ほどマイナーな気分に悩まされていた私が、初めて本格的に続けて飲んだ「パキシル」によって、いつの間にか(何ヶ月かあと)フト「正常な気分ってこういう状態のことなんだ」と気づかされました。
そのあと、「パキシル」はアメリカでは「幸福の薬」と言われ、それを飲んだ人が、今までの心痛がまったく無くなり、そのあまりの劇的な変化についていけず、「元の状態に戻った方が落ち着く」と言って、飲むのを辞めたぐらいの薬だということを知りました。(友達に聞いたのですが、テレビ番組で紹介されていたらしいです)。
副作用は私の場合は全然ありませんでした。
対人緊張もするのですが、その対人緊張と、マイナーな気分に悩まされいたこととはまた別問題で、緊張しそうな時は前もって「リーゼ」を服用して備えています。
感じとして「リーゼ」は一時的に緊張をほぐし、「パキシル」は、どうも根源的な部分で効くようです。

0 件のコメント: