このブログについて

「精神科薬物の官能的評価」について熊木徹夫が動画でご説明します。

ご協力いただける方はこちらの評価フォームから書き込んでください。

熊木徹夫の動画バー

Loading...

2011年5月5日木曜日

フルボキサミン・ルボックス、デプロメール について。


投稿者:くま さん
投稿日時:05/02/13-15:43

テトラミドで、眠気が強く出て(今、思うともっと続ければよかったとおもいます)そして、ルボックスに変更。
妙に期待して服用していたのですが、お酒を飲むと2日酔いが、3日酔いに必ずなる辛さ。(3日目まで、吐いていました)
お酒は、いけないの分かってるんですけどね。
肝機能に相当な負担がかかったのでしょうか。

あと、なにか不自然なイヤな感じの薬のイメージ。感情もなくなるような。(数年まえの記憶でよく思い出せません)
例えていうと、咳止めを飲むと咳は収まるけれど、喉をしめつけられているような違和感を覚える。というたとえに近いような。
個人的な直感として、不信感を感じた唯一の薬かも?
その後、デパスに変更していただきました。

相当なストックが、あるのですが、あれは1生飲まないでしょう。
捨てようと思います。

0 件のコメント: